中小企業がパート社員を採用する上で気を付けるポイントとしては、働く人の希望する曜日や時間を最大限考慮してあげることです。

パートとして働く主婦たち

パート社員の採用で気を付けるポイント

中小企業がパート社員を採用する上で気を付けるポイントとしては、働く人の希望する曜日や時間を最大限考慮してあげることです。正社員ではなく限定された時間での勤務を希望する人たちには必ず何等かの事情があります。その事情を汲んであげるだけの裁量がある企業は働く人から感謝されるでしょうし、そのような体質の企業は顧客からも感謝されることが多いでしょう。もちろん、企業側にも事情があるわけですから、100パーセント働く側の希望を叶えることは難しい面もあるということは承知した上で、お互いにとってメリットがある勤務体制を決定することが大事です。

中小企業が決算に向かった目標達成を目指している中で、季節要因というものがあります。どのような商売にも繁忙期と閑散期があって、繁忙期には人をたくさん採用したいと考えていても、閑散期には人が余ってしまうことになります。年間を通じて安定した雇用と安定した売上げを目指すにはパート社員の活用がとても重要になってきます。繁忙期限定の雇用ができるのはパートやアルバイトということになりますが、一か月の雇用日数が一定以上あると社会保険への加入という問題がありますから、あらゆる方向から考えて企業は雇用について決定する必要があります。

Copyright (C)2017パートとして働く主婦たち.All rights reserved.